お電話でお申し込みいただいたお客様本日お持ち込みいただきました。        サーブカブリオレ幌ガラスはがれの修理ご依頼です。

お電話でお話ししただけでは、わからない点も実車拝見するとすぐに判断がつきます。

このお車は写真ではわかりづらいのですが、オーナー様がご自分で修理している箇所がございます。                                   幌下部がはがれたため、幌とガラスの隙間にシリコンをごっそり詰めています。

シリコンでは高い接着効果は見込めませんので、このままでははがれるのは時間の問題です。

上部は完全にはがれております、今夜は雨のためテープをはがして写真を撮ることが出来ませんので、明朝確認して写真を撮る予定です。

シリコンは全てはがすしてから、当社の施工となります。

修理跡が無ければ、すぐに作業に入れますが、修理跡があるお車は・・・

ついているものをすべて除去してからの修理となるので、0からの開始ではなく

マイナスからの開始となります。

余分な経費も掛かってしまいますので、これから修理を予定されているオーナー様は、決して修理などを行わずに、そのままの状態でお持ち込みください。

お持ち込みいただくまでに、養生していただきます。             
養生をしておかないと、はがれが進行してしまい、高額修理となってしまう可能性が高くなります。